重陽の節句に料理長の粋な計らい☆


こんにちは

ヴィラグラスセゾンです!

 

今回は9月9日の夕食時に行われました

プチイベントについてご紹介致します!

 

題名にもありますが、皆様、「重陽の節句」を

ご存じでしょうか…?

日本には平安時代初期、中国から伝わった5節句というものがありまして、

それぞれ…

 

1月7日●人日の節句(七草の節句)

七草粥を食し、その年の健康を願う。

 

3月3日●上巳の節句(桃の節句)

雛人形を飾り、ちらし寿しやはまぐりのお吸い物を食ベて、女の子の健やかな成長を願う。

 

5月5日●端午の節句(菖蒲の節句)

五月人形やこいのぼりを飾り、男の子の健やかな成長と立身出世を願う。

 

7月7日●七夕の節句(笹の節句)

短冊に願いを書き笹に吊るし夢成就を願う。

 

9月9日●重陽の節句(菊の節句)

菊の薬効により健康を願う。また、「後(のち)の雛」としてお雛様を飾る。

 

がございます!

 

日本では、七草や桃の節句、端午の節句に七夕は馴染みが深いかと思いますが、

重陽の節句はあまり馴染みがありません!

しかしながら、9月9日は大きい陽の数字「9」が重なることで

とても縁起が良く、菊の花が咲く時期ということもあり

別名「菊の節句」とも言われ、

更に「菊」は、不老長寿を願い、邪気を払う花として

言い伝えられており、

全てにおいて、良い一日とされている様です!

 

今回、9月9日の食事は元々普通のご飯にお味噌汁…だったのですが、

料理長の計らいにて、菊ご飯・菊のお吸い物をご用意!

 

 

 

更に、菊の花びらを入れてお酒を皆さんに飲んでいただいては?

とのことで、上記の物をご用意下さいました!

 

 

分かりにくいのですが、グラスを数個ご用意し、

皆様へ本日が重陽の節句であることをご説明しつつ、

お酒をふるまう!

お酒を飲まれた方々からは、

「菊の花びらを入れてお酒を飲むのは、乙ですね」

と感想をいただきました!

 

 

正直、私も名前こそ知っていたものの、

詳しいことを存知あげなかった為、知ることが出来た

良い機会でした☆