○がかかる? 幻想的な朝!


こんにちは

ヴィラグラスセゾンです!

 

今日は、私の宿直の朝にみられた幻想的な現象を

皆様にご紹介致します!

 

時は朝5時、ふと外を見てみると…

 

 

 

 

お分かりになりますでしょうか?

靄(もや)がかかっております!

 

尚、WIKIPEDIAで調べたところ、

靄(もや)とは、霧と同様に空気中の水蒸気が凝結して細かい水滴となり浮かんでいて視程が妨げられている状態であるが、霧よりも薄いものを指す。

日本式の分類では視程が1km未満のものが霧、1km以上10km未満のものが靄である。

とのことです!

 

ちなみに、6時半の風景は…

 

 

 

 

こんな感じです!

 

一見、曇っていて、雨が降りそうなだけにも見えますが…(苦笑)

実際見るのと写真で見るのとでは大違いでございます(^^

 

幻想的な風景を見られ、気持ちの良い朝を迎えられた

一日のご紹介でした☆