蕎麦打ち体験ツアー


東北地方太平洋沖地震から1週間。
未だ懸命に続けられている救助活動。
自分の健康を顧みず、勇敢に原発に立ち向かう方々。
少ない食料を分け合って、命を繋ごうと助け合う避難所の皆様。

この1週間をどんな気持ちで過ごしていらっしゃったか。
考えるだけで胸が痛み本当に頭が下がります。

被災地以外では連日、
テレビで災害報道が流されています。
その放映を見て体調を崩される方も多いそうで  

「東北はあんなに大変なのだから楽しい事は不謹慎になるかも」
「お出掛けしたり、ショッピングすることに罪悪感を感じてしまう」
ついつい自分を責めてしまって
気持ちがふさぎ込んでしまう人からの相談も増えているのだそうです。
分かります、その気持ち。

私も、「回転ずし行きたい!」と子供に言われた時 躊躇しました。
何となく後ろめたいのです。

しかし、あるテレビ番組の中で大阪の臨床心理学の先生が

「罪悪感を感じるのは良くありません。
普通の生活に早く戻そう、と意識して楽しんだり笑ったりすることが、
ひいては被災地の方に元気を届ける源になるんです。
元気のない人から元気は伝わりませんよ

と話されているのを聞いてから
「なるほど」と少し気持ちが楽になりました。

同じように感じていらっしゃった方
どうぞ自分を責めないであげてください。
私達は私達、今できることを精いっぱいやっていきましょう!!

その一環としてあかねでは災害義援金を受付けております。
私達が寄付した倍の額を
法人が上乗せして
日本赤十字社にお渡しする予定です
つまり、1,000円の寄付は2,000円に。
5,000円の寄付は10,000円になるのです。
義援金詐欺や
被災者に届くことなく うやむやにされてしまう募金活動も多い
と聞きます。
寄付をご検討していらっしゃる方は、
是非あかね義援金をご利用ください。
 

★詳しくはこちらをクリック★

さてさて、前置きが長くなりすみません。

3月15日(火)
今月のヴィラ杣扇外出ツアー

蕎麦打ち体験に行ってきました!

P1060795.jpg
エプロンばっちり☆


エプロンに着替えたらまずは説明を聞きまーす
P1060802.jpg 
皆さん身を乗り出して一生懸命聞いてます
さっそく実践。

そば粉をふるってこねます
P1060810.jpg
Hさんトレードマークのハットは
蕎麦打ちだろうがエプロン姿だろうが関係ないのです。

「やって、やって~」
女性陣は甘え上手。
P1060806.jpg 
蕎麦打ちトレーナーに手伝ってもらいました
あ!
一つのボウルを4人でこねてる!
P1060808.jpg
4人で片手のみ参加。
「一人ずつ交互にやったら・・・」
いやいや、
全員でやることに意味があるのです。
麺棒で伸ばしたら 切っていきます。
大きな包丁を使って
慎重に 慎重に
P1060832.jpg 
皆さん真剣
この時だけはおしゃべりナシ。
同じ太さに切るのは以外と難しいですよね
出来上がり♪
P1060840.jpg
おお!!
なかなか上手に出来てますよ。

いっただっきま~す!!
P1060842.jpg
このイイ~笑顔!
こちらまで嬉しくなっちゃいます
今回の外出ツアーも大成功でした

杣扇では毎月1回、『外出ツアー』という
ちょっと遠出のお出掛けを企画し
介護スタッフが付き添って
いろんなところにお連れしています。
今後の予定(入居者さん希望)は
『ヤマサ蒲鉾で工場見学&試食お楽しみツアー』
『ちょっといいお値段のお肉を思う存分食べるゾ ツアー』
などなど。
楽しい企画がいっぱいです。
ご興味ある方
ご見学や体験入居は
随時 受け付けております!
ヴィラ杣扇の温かな雰囲気を
直に感じてみてください。

★ご予約・お問い合わせはこちらから★